健康・美容

脱水症状の対処法!頭痛がした時には要注意!?

Pocket

今年の夏も猛暑になるのか

どうか気になりますが、

特に夏に注意することが脱水症状です。

 

脱水症状と気が付いた時には

重症化しているケースが多く、

立っていられないほど

フラフラして力が入らなくなります。

 

脱水症状を予防するには

水分を適度に取ることが基本ですが、

ただ水を飲めば良いわけでもありません。

 

もし脱水症状になってしまった場合の対処法や、

頭痛と脱水症状の関係を紹介していきます。

脱水症状が起こる原因とメカニズム

ざっくり言うと脱水症状が起こる原因は

暑い時に体を動かすことで、

体内の水分量が減り

バランスが崩れることで発生します。

 

もちろん夏だけでなく、

1年を通して脱水症状になりますが、

夏は汗を掻きやすく

水分の摂取量より排出量の方が多くなりがちです…

 

脱水症状は水分の他にも

体内の電解質も失われることで、

体が正常に機能しない状態になり

脱水になりますね。

 

少し難しい用語で説明すると

脱水症状には3種類あって、

水分や電解質の体液の減り違いによって

浸透圧の上下動に変化が出ます。

 

電解質よりも水分の方が

多く失われる状態が「高張性脱水」で、

喉の乾きが強い時が

この状態の事が多いです。

 

そして腹痛による下痢や嘔吐などで

一気に大量に体液を失ってしまう「等張性脱水」で、

電解質と水分が

一気に輩出されてしまう状態です。

 

最後に体から電解質が

多く輩出されている時に起こるのが「低張性脱水」で、

塩分を含まない水やお茶を

大量に飲むことで起こることがあります。

 

ですので、闇雲に水さえ飲めば

脱水症状を予防できるわけではなくて、

水分と同時に塩分も取つことが重要です。

水分塩分をバランスよく取る事が重要です!

脱水症状の対処法はズバリ?

脱水症状の対処法は

ズバリ体内の水分量を保つことで、

脱水になる前に水分を小刻みに

少量ずつ飲むことで予防できます。

 

しかし頭で脱水症状にならないように

注意していても、

体が脱水になってしまうこともよくありますね。

 

ポカリスエットは「飲む点滴」と言われるほど

脱水症状にも効果的なので、

喉が渇く前に飲むことも大切です。

 

なぜ暑いところにいたら

脱水症状になってしまう原因のひとつに、

体から上手く熱が出ていかない場合もあります。

 

体が不快だなと感じる気温や湿度などで

熱がこもりやすくなり、

気付かないうちに

水分や電解質などの体液がどんどん失われていきます。

 

喉が乾いてから水分を取っても遅すぎるので、

自分なりに水分を取る時間配分を

決めて置くようにしましょう。

 

喉が乾いて我慢できないような暑い日には、

水と一緒に塩分が入った飴などを

舐めるのもオススメですよ!!

塩分チャージなどを食べるのもオススメです!

高齢者の方は特に気をつけましょう!

脱水症状は誰しも注意しなければいけない

危険な症状ですが、

特に高齢者の方は

要注意しないと命に関わることもあります。

 

なぜ高齢者の方は

特に注意しなければいけないか??

 

それは高齢者の多くは

体に蓄えられている体液が

最初から少ないからです。

 

体は水分のバランスが崩れると

脱水症状になることがありますが、

高齢者の多くはそもそも

体の水分量が少ないので脱水に陥りやすいです。

 

それと高齢になるにつれて

喉が渇いたと感じにくくなるため

脱水状態になっていると気付く時には

重症化しているケースがかなり多いです。

 

また高齢者の多くは限りませんが

病気の治療などで薬を常時服用している事が多く、

薬の作用で水分が輩出されやすいことも

脱水の要因です…

 

当然ながら高齢になるにつれて

基礎体力が落ちていくので、

脱水になりやすく命の危険も

十分に頭に入れておくことが大切です。

 

とくに高齢者の方が

下痢や嘔吐をした時は

脱水になる可能性が高いので、

動かずに安静にするように心掛けましょう。

高齢者の方は十分に気を付けて過ごしましょう

今回のまとめ

・喉が渇く前に水分補給

・水と塩分を一緒に取る

・熱がこもる服装は避ける

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋愛経験ゼロのサラリーマンがコミュ症を克服して女の子からモテるように

実際にコミュ症を克服する為に行った方法を紹介しています↓

詳しくはこちら☝☝☝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー