健康・美容

アイスクリームで頭痛がする原因とは?意外と危険!?

Pocket

次第に夏の暑さが近付いている

今日この頃ですが、

夏と言えばアイスクリームを食べないと始まりません。

 

暑さでヘトヘトになっている時の

アイスクリームは格別で、

子供から大人まで年齢関係なく

愛される永遠のデザートですね!!

 

ただアイスクリームを一気に食べると

キーンとした頭痛がして、

暑いのに冷や汗を掻いた経験がある人も多いはずです(笑)

 

そこでアイスクリームで

頭痛がするメカニズムや、

あのキーンとした頭痛は意外に危険

という真相に迫っていきます。

 

正式には何っていう現象?

アイスクリームを食べると

頭痛がすることがありますが、

冷たい物を食べた時に

頭痛がする現象の正式名称があります。

 

かき氷なんかも駆け込んで食べると

頭がキーンとして、

何とも言えない痛さに襲われて我慢するのみですね….

 

冷たい物を食べた時の

キーンとした痛みの正式名称は、

「アイスクリーム頭痛」という

医学的に名前が付けられています。

 

なんとなく「アイスクリーム頭痛」と聞くと

可愛らしい感じもしますが、

あの痛みは本当に地獄ですよね?

 

自分の頭では暑いから

体を冷やしたいと思っていても、

アイスクリームを勢いよく食べると

体が許容オーバーすることがあります。

 

真夏にシャワーを浴びる時に

頭では冷たい水を浴びたくても、

実際に冷水を体にかけたら

冷たすぎて驚くのと似てますね。

 

もし「アイスクリーム頭痛」になった時は

こめかみやおでこを冷やすことで、

痛みが緩和されるのでオススメです。

 

正式名称は「アイスクリーム頭痛」って言うんですね!

なぜアイスクリーム頭痛は起こるの?

なぜアイスクリーム頭痛が

起こるのかについては、

まだ医学的に完全に解明されていません。

 

有力だと言われている

アイスクリーム頭痛が起こるメカニズムとして、

2つの説が考えられています。

 

ひとつはアイスクリームなど冷たい物を食べると

口の中が急激に冷やされるので、

体温を上げようと体が反応します。

 

体温を上げようとすると

血管が膨張しようとしますが、

急激に血管が膨らむと血流が急に増えるので、

頭の中で炎症反応が起きて

頭痛がすると考えられています。

 

ふたつめは冷たい物を食べた時に喉を通りますが、

この時に三叉神経が刺激されると

伝達信号が発生して頭痛が起こるとされます。

 

なぜ起こるのかを考える時に

大切な事は起こさせない方法を探ることで、

どんなに冷たい物でもゆっくり食べれば

アイスクリーム頭痛はまず起こりません。

 

また冷やし過ぎることが頭痛を発生させるので、

冷たい物と温かい物を

交互に食べるのも有効な手段です。

 

ただ現実的にアイスクリームと温かい物を

同時に食べることはないので、

冷たい物は慌てずゆっくり食べるのが最善策ですね。

 

アイスクリームはゆっくり食べましょう(笑)

アイスクリーム頭痛、意外と危険?

アイスクリーム頭痛は、

長くて数分間くらい痛みが続きますが、

少しの時間だけ我慢すれば痛みは消えます。

 

なのでアイスクリーム頭痛は

危険じゃない感じもしますが、

意外と危険だと思えるほど本当にキーンと痛いですよね?

 

以前にタイでバイクを運転中に

冷たいタピオカジュースをガバ飲みした男性が

意識を失ったことがニュースになっていました。

 

この男性は重いアイスクリーム頭痛になっていたとされ、

意識が戻ってからも

体がしばらく動かなかったほど重症でしたね。

 

なぜこの男性が

重いアイスクリーム頭痛になったのかは、

冷えこんだ夜間に体を急激に冷やした事

が大きな要因と考えられています。

 

アイスクリーム頭痛も重くなると

「めまい・意識混濁・気を失う」ことがあり、

名前に似合わず危険な頭痛なので要注意ですね。

 

アイスクリームに限らず

冷たい物は一気に食べないこと

これだけで危険から身を守れます。

 

今年の夏は気を付けて冷たい物を食べるようにしましょう!!

今回のまとめ

・正式名称は「アイスクリーム頭痛」

・主な原因は解明されていないが、冷たいものをゆっくりと食べる事が大切!

・アイスクリーム頭痛は意外と危険なので、用心しておきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋愛経験ゼロのサラリーマンがコミュ症を克服して女の子からモテるように

実際にコミュ症を克服する為に行った方法を紹介しています↓

詳しくはこちら☝☝☝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー