娯楽

甲子園の由来って何?意外と知らない豆知識

Pocket

甲子園は野球場であり、

伝統ある場所として知名度が高く、

特にプロ野球の阪神と巨人の戦いは

伝統の一戦なんて言われますね。

 

日本には数多くの野球場は

ありますが甲子園は特別で、

高校野球も必ず甲子園球場で開催されています。

 

そこで甲子園の伝統について

歴史を掘り下げていき、

そもそも甲子園という名前の由来について紹介していきます。

 

夏はやっぱり甲子園が熱い

夏と言えば、

プロ野球と高校野球の熱戦が繰り広げられ、

甲子園は野球人にとって

憧れの聖地とも言える場所です。

 

特に夏の高校野球は

真夏の炎天下の中で青春の全てをぶつけ戦う姿は、

夏の甲子園の風物詩でもあります。

 

よく甲子園で高校球児が敗退した時に

甲子園の砂を持ち帰るのも、

甲子園ならではの光景で感動的です!!

 

もし高校野球がドーム球場で行われるとしたら、

私が思うに、

甲子園のような感動は呼ばないと思います。

 

やはり過酷な暑さの

甲子園球場で戦う高校球児だからこそ、

多くの人の心を引き付ける魅力があると感じますね。

 

私も高校時代に高校の野球部に入っていましたが、

甲子園に立てるのは

一握りの高校球児だけで遠い夢に終わりました。

 

真夏の炎天下で甲子園大会を開催することに

批判的な意見もありますが、

あの甲子園球場だからこその意味は絶対にあるはずです。

 

かちわり氷やビールを飲みながら

甲子園球場で野球を見るのが、

これぞ真夏と思える大阪の一大イベントですね。

 

甲子園を見ると「やっと夏が来た!」と実感できますね!

意外と知らない甲子園の由来

多くの人が知らないはずの甲子園の由来について、

どうして甲子園という呼び方になったのか?

紐解いていきます。

 

甲子園は野球の聖地とも

よく言われたりしますが、

名前の由来も聖地と呼ぶに

実にふさわしい意味が込められています。

 

甲子園球場が完成したのは

大正13年と戦争が起こる前と歴史が長く、

甲子園ができた年と名前の由来が深く関係しています。

 

甲子園球場ができた

大正13年は縁起の良い年で、

何と60年に1度しか訪れない縁起の良い年でした。

 

この60年に1度しか訪れない

甲子年「きのえねのとし」と言い、

ここから名前を取って甲子園と名付けられています。

 

意識して甲子年に

球場を作ったかかは不明ですが、

60年に1度しかない縁起の良い年とは

何とも神秘的ですよね?

 

よく「甲子園には魔物が潜んでいる」と揶揄されることもありますが、

魔物ではなく神様のイタズラの方が

正しいような気がしました(笑)

 

甲子園は高校野球というイメージが強いので、

甲子園球場の名前の由来まで

気にする人は少ないかもしれませんね。

 

甲子の年にできたから甲子園と呼ばれるんですね!

甲子園の歴史は長い!!

大正時代から甲子園球場は作られていると考えると、

日本野球界の発展に

大きく貢献した球場なのは間違いありません。

 

甲子園と聞いて連想するワードは

「高校野球・阪神タイガース・熱血応援」などで、

数多くの名勝負が繰り広げられてきました。

 

私が特に印象に残っているのが

高校野球の熱戦で、

あの松井秀喜さんの5打席連続敬遠は衝撃的でしたね。

 

清原和博さんと桑田真澄さんの

「KKコンビ」など、

数多くのスターを輩出してきたのも甲子園球場です。

 

私は北海道が地元なので、

駒大苫小牧が甲子園大会で初優勝した瞬間は、

本当に鳥肌が立ってゾクゾクしながらテレビに釘付けでした(笑)

 

個人的に思う事は、夏の甲子園大会期間中は

阪神タイガースが甲子園で試合ができないので、

長期間に渡ってホームで試合ができない問題があると思います。

 

プロ野球で真夏の疲れが溜まってくる時期に

ホームで試合ができないのは、

阪神タイガースが優勝できない

大きな原因と指摘する人もいます。

 

とはいえ夏の高校野球は甲子園で開催されないと

意味がないと思っているので、

阪神タイガースには耐えてもらうしかなありません(笑)

今回のまとめ

・甲子園は夏の風物詩

・甲子園の由来は「きのえねのとし」であり、
大正13年からと実に伝統的である

・甲子園のドラマは語り切れない(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋愛経験ゼロのサラリーマンがコミュ症を克服して女の子からモテるように

実際にコミュ症を克服する為に行った方法を紹介しています↓

詳しくはこちら☝☝☝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー