昆虫・花

カブトムシの飼育マニュアル!初心者にオススメ!

Pocket

子供から大人まで

愛好家が多いカブトムシは、

勇敢な角が昆虫の王様と言われる由縁ですね。

 

もちろん成虫からカブトムシを

飼育するのも楽しいですが、

幼虫から成虫になるまでの過程を

見ながら飼育するのが最高の喜びです!!

 

あっという間に夏がやってきて

カブトムシのシーズンになるので、

今のうちから飼育するための準備を

万全にしたいところですね。

 

そこでカブトムシを

飼育する時のちょっとしたコツや、

カブトムシについて簡単に紹介していきます。

 

夏に人気のカブトムシ

夏と言えば親子で

山にカブトムシを捕獲しにいって、

普段は会話が少ない親子でも

仲良くなれる絶好のチャンスです(笑)

 

私は田舎町に住んでいますので、

子供の頃は毎日のように山にいって

クワガタを捕獲するのが楽しみでした(笑)

 

今では多くの山で

カブトムシが生息していますが、

私が子供の時はカブトムシは

店頭で買うしかありませんでした…

 

クワガタも勇ましくて

カッコいい昆虫ではありますが、

やっぱりカブトムシはフォルムが

勇ましくて憧れの存在ですね!

 

カブトムシやクワガタを捕獲するのは

夜のイメージが強いかもしれませんが、

昼間など日中でも簡単に捕獲できます。

 

私も小学生の時は

山でクワガタを捕獲して飼育する一方で、

どうしてもカブトムシも飼育したくて

親に泣きついてカブトムシも買ってくれと泣きついていました(笑)

 

小学生の時は私の友達も

カブトムシを飼育していたので、

夏休みになるとカブトムシの大きさを

比べてたりして遊んでましたね。

 

カブトムシなど昆虫を飼育することで

育てるということを学び、

大人になっても命の尊さが分かる大人になれると思いますよ!

 

子供うちにカブトムシを飼ってみるのもオススメです!

カブトムシを飼う上で重要な事は?

カブトムシは誰でも簡単に

購入して飼育できますが、

きちんと管理しないと数日で死んでしまうことがあります。

 

野生のカブトムシも急に環境が

変化することでストレスがかかるので、

とくに最初は飼育には

細心の注意をしないといけません。

 

カブトムシの飼育で

注意してほしいポイントは、

飼育ケースの中を常に清潔にしてあげることです。

 

もちろん暑すぎない場所などに

置くことも、もちろん重要ですが、

何よりも飼育ケースの中に

目を配ってあげるだけでカブトムシは長生きします。

 

カブトムシのエサといえば

スイカメロンが定番ですが、

これらは水分を多く含んでいるので

カブトムシが尿をたくさんしてしまいます…

 

飼育ケースの中で尿を多くすれば

不衛生になりやすいので、

これらのエサは与えないように注意しましょう!

 

「水分の少ないエサは何だろう??」

ということになりますが、

ホームセンターなどで売っているゼリー状のエサや、バナナなど

水分の多い果物を与えると

尿の量を減らすことが出来ます!

 

スイカやメロンを与えても

問題はありませんが、

飼育ケースのオガクズや木材を交換する

頻度が増えるので手間がかかります。

 

飼育した時は

嬉しくて世話をしていたとしても、

多くの人が時間が立つと放置してしまいがち…

 

できるだけ飼育ケースの中を

清潔にしてあげること、

そして、エサに気を配ることが

重要なポイントのひとつになりますね。

 

飼育用ケースエサには細心の注意を払いましょう!

具体的な飼育方法は?

カブトムシを飼育してみたいけど少し不安がある、

そんな方のために簡単に

カブトムシを飼育するポイントを紹介します。

 

どんなに頑張っても

カブトムシの寿命は3ヶ月前後で、

飼育環境によっては1ヶ月ほどで

死んでしまうこともザラです…

 

せっかくカブトムシを飼育するなら

長生きさせてあげたい、

カブトムシに幸せだったと思ってもらいたいですよね?

 

まず飼育ケースは

なるべく大きな物をにしてあげること、

これだけでカブトムシは長生きしてくれるはずです。

 

どんな生き物でも飼育ケースを

大きくすることは重要なことで、

カブトムシも狭い飼育ケースだとイライラしてしまいます。

 

飼育ケースを大きくして

山の環境にできるだけ近づけること、

隠れ家やオガクズを

最低でも10cmくらいになるように入れます。

 

そしてカブトムシも人間と同じ様に

乾燥に弱いので、

飼育ケースの中は湿度を保つようにしましょう!

 

軽く霧吹きなどで

飼育ケースの中を湿らすことで、

自然と同じ環境にもなって

カブトムシもリラックスしてくれます。

 

具体的な飼育方法をまとめると

「エサ・飼育環境・愛情を注ぐ」

を意識するだけで、

誰でも簡単にカブトムシを飼育できると思いますよ!

 

カブトムシの飼育マニュアルをマスターして、

カブトムシと一緒に楽しい夏を過ごしましょう!

今回のまとめ

・夏の昆虫と言えば「カブトムシ」

・飼育用ケースとエサは特に注意する

・具体的な飼育方法は

『エサ・飼育環境・愛情を注ぐ』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋愛経験ゼロのサラリーマンがコミュ症を克服して女の子からモテるように

実際にコミュ症を克服する為に行った方法を紹介しています↓

詳しくはこちら☝☝☝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー