娯楽

バーベキューをおしゃれに!映えるレシピ&飾り紹介!

Pocket

暖かく、過ごしやすい季節になってきましたね!

屋外でご飯を食べるのが気持ちいい季節になると、

みんなでワイワイとバーベキューがしたくなりませんか?

 

また、せっかくやるからにはおしゃれで可愛く、

「インスタ映え」するようなバーベキューを目指したいですよね。

 

今回は映えるバーベキューレシピの紹介から、

飾り付けなどをご紹介いたします!!

バーベキューでも映えたい…

せっかくバーベキューをするからには、

おしゃれで可愛いバーベキューを目指したいですよね!

 

SNSを見ると、

オシャレなバーベキューの写真をアップしている人も多く、

憧れますよね….

 

ですが、実際にバーベキューで写真を撮っても、

いまいち可愛くできない、全然写真映えしない…、

 

なんてこと経験あるのではないでしょうか?

その理由は下記にあるかもしれません。

・食器のチョイスがイマイチ(白い紙皿や紙カップを多用しているetc)

・お肉ばかり焼いていて絵面が茶色い

・バーベキュー網に焦げ目がついていて、どこか汚い

・ロケーションが悪い(周りの木が枯れている、曇っているetc)

これらの条件に心当たりはないでしょうか?

 

過去のバーベキューの写真を見返してみると、

私はほとんど当てはまっていたので、

非常に胸が痛くなりましたが…(笑)

 

これらの条件を排除することによって、

インスタ映えする写真に一歩

近づけるのではないでしょうか!

インスタ萎えを取り除く事が「インスタ映え」の第一歩です!

映えるレシピ6選!

バーベキューのメインといえば、

やっぱり料理。

おしゃれな料理を作ってみんなから一目置かれたいですよね。

 

でも、家で作るのとは勝手が違うし、

そもそも今はどういった食べ物が喜ばれるのかわからない…。

 

そこで今回は、

フォトジェニックでみんなから一目置かれるレシピをご紹介いたします!

 

1. 串刺しバーベキュー

バーベキューといえば、網の上でお肉を焼いて、

そのまま食べるのが一般的ですが、

そこに一工夫加えてみませんか??

 

切った食材を鉄の串に刺して串刺して焼くだけで、

不思議とおしゃれになります。

 

これは本当に簡単に可愛くなるので、

皆さまも是非お試しください!!

材料
・お好みの食材 ・串 ・塩胡椒

レシピ
1 お好みの食材を適当な大きさにカットし、串に刺す

2 網で焼く

3 塩胡椒を振り、完成

 

2. エビとマッシュルームのアヒージョ

アヒージョはスペインバルなどで

よく見かけるメニューですが、

バーベキューのコンロと網さえあれば、

とても簡単に作れて、かつオシャレ。

 

お酒のアテにもなるので、大人に喜ばれるメニューです。

材料
・エビ 8尾 ・マッシュルーム 7〜8個 ・ニンニクみじん切り 1片
・タネを除いた赤唐辛子 1本 ・塩 適量 ・オリーブオイル 適量 ・スキレットや小さめのフライパン

レシピ
1 マッシュルームは石づきを落とし、表面の汚れを落として、縦半分に切る。エビは殻を剥いて、背を包丁で切り開いて背わたを取る。

2 小さいフライパンに、オリーブオイル、ニンニク、赤唐辛子、塩を入れ火にかける。ニンニクが薄く色づき、香りが立ってきたら、マッシュルーム、エビを加え煮立てる。

 

3. チーズフォンデュ

みんなで集まってワイワイ食べたいチーズフォンデュ。

そんなチーズフォンデュが屋外で食べることができたら、

もっと楽しいはずです。

 

実はこちらもお手軽に作れてしまいますし、

何だか見た目も斬新!!

お子様から大人まで楽しめる一品です。

材料
・切れていないカマンベールチーズ 1個 ・お好みの食材 ・アルミホイル

レシピ
1 アルミホイルでチーズを包む。その際、上部だけは包まないようにする。

2 包丁を使ってチーズの上部分に切れ込みを入れていきます。円状に切り込んでいき、食材をつけるための入り口を作ります。

3 網の上に置き、じっくり焼いていきます。チーズがグツグツと沸騰してきたら完成!お好みの食材をつけて食べましょう。

 

4. バーニャカウダ

バーベキューとなると、

どうしてもお肉中心の食事となってしまうため、

途中から無性に野菜を食べたくなりますよね。

 

そんな時は、たくさんの生野菜を食べることができる

バーニャカウダはいかがでしょうか??

材料
・お好みの野菜・アンチョビ4〜5枚 ・ニンニク1〜2片 ・オリーブオイル 適量
・塩胡椒 適量

レシピ
1 ニンニクを薄皮付きのまま網で7〜8分ほど焼き、粗熱が取れたら、薄皮を剥き、フォークで潰す。

2 アンチョビを細かく刻む。

3 耐熱容器でニンニク、アンチョビをあえる。そこにオリーブオイルを加え、塩胡椒で味を整えて火にかける。沸騰したら完成!お好みの食材をつけて召し上がって下さい。

 

5. スペアリブ

バーベキューといえば肉料理ですが、

ただ肉を焼いて焼肉のタレで食べるだけだと

中盤で味に飽きてきませんか??

 

そこで、肉料理の中でもオシャレかつ簡単に作れる

スペアリブはいかがでしょうか。

 

家で仕込んでから行けば、

バーベキューの際は焼くだけなので、

とても楽チンです!

ガッツリ食べられて男性も満足の一品です。

材料
・豚スペアリブ 700g ・醤油 大さじ3杯 ・酒 大さじ2杯 ・砂糖 大さじ1杯
・はちみつ 大さじ1杯 ・ケチャップ 大さじ1杯 ・おろしニンニク 小さじ1杯
・おろし生姜 小さじ1杯 ・塩胡椒 適量

レシピ
ご自宅で
1 フライパンで豚肉の表面に軽く焼き目をつけ、たっぷりのお湯で15分ほど茹でる。

2 茹でた豚肉はキッチンペーパーで水気をとり、粗熱を取る。

3 ジップロック等の袋に豚肉と上記の調味料を全て入れてよく混ぜる。そして寝かせます。
バーベキュー会場にて

4 バーベキュー会場にてじっくり焼いていきましょう!

 

6. スモア

キャンプでの定番スイーツといえば、

串にさして焼いたマシュマロですよね。

 

ですが、毎回それだけではどうも味気ないという方は、

今流行りのスモアに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

一手間加えただけで普段のマシュマロより

格段に美味いおやつができますので、

是非挑戦してみてください!!

材料
・マシュマロ一袋 ・板チョコ 1枚 ・クラッカー 一箱

レシピ
1 マシュマロを串に刺して焼き、表面が茶色になるまで炙る。

2 クラッカーの上に板チョコを割って置く。

3 その上に焼いたマシュマロを置き、クラッカーで挟めば完成。

(※メニューは全て2人前です。)

映えるレシピ6選です!一見難しそうに思えるかもしれませんが、挑戦してみると割と簡単ですよ!!

映える飾り付けは??

オシャレな料理があれば、

それだけでフォトジェニックですが、

さらにみんなから「いいね!」と思ってもらうには

どうすればよいのでしょうか??

 

それはインテリアにも趣向を凝らすことです。

 

オシャレな飾りをたくさん使って、

周りのバーベキューフォトに何倍も差をつけてみませんか?

 

用意するだけで簡単に、

またグッと素敵になる飾り付けをご紹介いたします。

 

1. 木製食器

捨てることのできる紙皿は確かに便利ですが、

撮った写真が何処か味気なくなりますよね。

 

そこで、木製の食器を持っていくのはいかがでしょうか!

 

木製の食器に食べ物を乗せるだけで、

一気にカフェ風になりとてもフォトジェニック!

 

また、軽くて割れないので、持ち運びも楽ですし、

たくさん動き回るお子様連れのキャンプでも安心です。

 

2. キャンドル

暗くなってくると、キャンドルに火を灯せば、

一気にロマンチックな空間に早変わり!!

 

ムードをつくれば気になるあの人との距離も

一気に近付くかもしれませんよ??

 

ちなみに、火の取り扱いには十分注意してくださね。

 

3. ガーランド

ガーランドとは、

天井や壁に飾るフラッグ状のインテリアのこと。

 

テーブルの上に張り巡らせたりする事で、

一気に華やかになります。

 

LED電球が内蔵されたガーランドもあり、

夜に点灯させると幻想的な雰囲気を創り上げることができます。

 

4. テーブルクロス、ランチョンマット

野外用の折りたためるテーブルは、

オシャレなものがほぼ無く味気ないですよね。

 

テーブルもオシャレにしたい人は、

テーブルクロスを引いてみましょう!!

 

何気ない写真でも、

とてもオシャレになること間違いなしです。

インテリアにも趣向を凝らすことで一気に映えます!!

いかがでしたでしょうか??

 

いつものバーベキューが、

ちょっとした工夫によって格段にオシャレになります!!

 

この夏はフォトジェニックなバーベキューで、

自分のSNSを鮮やかに彩ってみませんか??

 

食べて美味しく、見た目は美しい、

思い出に残るバーベキューを楽しんで下さい!!

今回のまとめ

・バーベキューでも映えたいが本音!!

映えレシピ&インテリアでインスタをよりカラフルに

・思い出に残るバーベキューを楽しもう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋愛経験ゼロのサラリーマンがコミュ症を克服して女の子からモテるように

実際にコミュ症を克服する為に行った方法を紹介しています↓

詳しくはこちら☝☝☝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー