食べ物

美味しいスイカの見分け方とは?スイカの目利きをマスターしよう!

Pocket

夏の食べ物といえば、

そうめんやかき氷などいろいろありますが、

皆さんが最初にぱっと思い出すのは

やっぱりスイカなのではないでしょうか!

 

日本の夏はスイカがないと始まりませんよね!

風鈴が鳴っている縁側でスイカを食べる光景は、

古き良き日本の夏の情景ですよね。

 

そんなスイカも見極めて買わないと甘くなかったり、

味が薄かったりと、意外と当たりはずれがあり

ガッカリした経験がある人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、

美味しいスイカの簡単な見分け方、

またスイカの意外な栄養素について紹介していきます。

スイカの知られざる効能!

日本の夏の果物の代表といえばやっぱりスイカ。

もちろん夏に収穫され旬だという理由もありますが、

夏にスイカを食べることは

健康面においてもプラスなことが多いのです。

 

スイカは9割が水分。

なので、サクサク食べることができてしまい、

ついつい食べすぎてトイレが近くなることもよくあります。

 

ですが、暑い夏はこまめに水分を取らないと、

知らないうちに脱水症状になる事もしばしば。

脱水症状の対処法!頭痛がした時には要注意!? 今年の夏も猛暑になるのか どうか気になりますが、 特に夏に注意することが脱水症状です。   脱水症状と気が付いた時には 重症化している...

 

水分不足は熱中症を引き起こす原因となってしまい非常に危険です。

そんな夏だからこそ、

水分が豊富なスイカを食べることで、

美味しく水分補給ができ、

熱中症対策にも一役買ってくれるので、

まさに夏にもってこいの果物ですね。

熱中症の頭痛には要注意!頭痛がした時の治し方は? いよいよ本格的な夏到来まであと少し! 暑いですが、楽しい夏にしたいですよね!   ですが、暑くなるにつれ、 熱中症になるリスクも急激に...

 

また、体内に蓄積された老廃物を尿と一緒に

輩出してくれる働きもあります。

スイカにはシトルリンやアルギニン、

カリウムが豊富に含まれています。

 

これが、腎臓の働きをサポートし、

水分の代謝を促進してくれます。

そして尿を出やすくしてくれると共に、

体内の老廃物を排出してくれるのです。

 

まさか、スイカにデトックス効果があるなんて…!

女性には嬉しい情報ですよね。

 

さらに、スイカは実はリコピンが豊富。

リコピンといえば、

トマトにたくさん含まれているイメージがあるかと思いますが、

実はトマトよりスイカの方がリコピンが多く含まれているのです!

 

リコピンには強い抗酸化作用があり、

体内の活性酵素を除去する効果があるため、

がん予防や老化防止に効果があります!

 

さらに、この抗酸化作用は動脈硬化や高血圧を和らげてくれる効果もあるので、

まさに最強の健康食品!

 

スイカが「夏の果物の王様」と言われる所以が

なんとなくわかってきましたよね。

暑い夏にスイカを食べることは、

理にかなった行動だったのです。

これぞ”夏の果物の王様”ですね!

女性に嬉しい!さまざまな美容効果も


上記でスイカの様々な健康効果について

記載いたしましたが、

スイカには女性に嬉しい美容効果もあるのです。

 

まず、スイカに含まれているカリウムは、

顔や足のむくみ対策に非常に効果があります。

昨晩お酒を飲みすぎて顔がパンパン…!

なんて日、皆さんにも一回くらいありますよね?

 

そんな日はスイカのカリウムがむくみを緩和してくれるのです。

また、スイカのカロリーは100gあたり、

たったの約40kcal!

 

スイカはぎっしり詰まっていてボリュームがあるように見えますが、

ほとんどが水分なのでカロリーがこんなに低いのです!

いくら食べても太りにくいというのは大変ありがたいですよね!

 

食物繊維も豊富なので、

ちょっと食べただけでお腹がいっぱいになり、

ダイエッターには嬉しいことづくめの食材です。

 

海外のアーティストや、

韓国のアイドルなどもスイカの置き換えダイエットを実施しており、

夜ご飯をスイカに置き換えてスタイルの維持をしているとのこと。

 

どうしても露出が多くなってしまう夏は、

スイカで身体を引き締めていくのもいいですよね!

 

さらに、スイカには

最強の美容成分である「シトルリン」がふくまれています。

これは血流を改善する効果があり、

コラーゲンの分解も抑えてくれる効能があるので、

肌を保湿したり、紫外線から肌を守ったりする効果も。

 

血管年齢を若返らせて、

肌のターンオーバーを促進し、

日焼けした肌を白く戻してくれます。

 

本当に女性のみならず男性もうれしい効能ばかりですよね!

このシトルリンは身にも含まれていますが、

皮の方に多く含まれています。

 

「皮なんて食べたことない…」という人も多いかと思いますが、

皮はお漬物にしたり、

炒めものに入れたりと意外と汎用性があり、

お手軽かつとても美味しいのでぜひ試してみてください。

 

また、スイカはビタミンCも豊富に含まれています。

紫外線により沈着してしまった

メラニンを美白してくれる効果があります。

 

この夏は、スイカをたくさん食べて、

誰よりも透明感のある美しい肌を手に入れたいです!

美容に興味がある男の方にもスイカはオススメです!

実は見た目だけで味が分かる

スイカは大好きだけど美味しいスイカを見つけることができない、

いつもあまり甘くないスイカを購入してしまう…。

そんな悩みを持つ人も多いのではないでしょうか?

 

一般的に有名な見極め方として、

スイカを叩いて、身が詰まっているような音がしたらそのスイカは美味しい

という見極め方もありますが、

お店でスイカを叩きまくるのって

周りの目が気になってできないですよね。

 

実は、スイカの見た目だけで味が判明する方法があります。

コツさえわかれば誰でも

美味しいスイカを見つけることが可能なのです!

 

その方法がは、スイカの模様を見分けるだけ。

これだけで、甘くて美味しいスイカをゲットする

確率が飛躍的にアップするのです!

 

「どれも同じ模様に見える…」

という方もいると思いますが、

見分けるポイントは

スイカの黒い縦縞の色の濃さです。

 

ハッキリ縦縞が黒く鮮明なスイカは甘味が強く、

逆に黒い模様が薄いスイカは甘みが少ないものが多いです。

 

また、模様の曲がり方が大きいものも甘いスイカであるポイント。

 

甘いスイカを見つける方法は、

黒い縦縞模様の色が濃いものかつ、

模様の曲りが大きめであるものをチョイスするのがいいでしょう。

 

最初は判断するのが難しいかもしれませんが、

慣れてくれば甘くて

美味しいスイカを見分けることが必ずできます。

ポイントは”スイカの黒い縦縞の色の濃さ”です!

目利きをマスターして美味しいスイカを食べよう!

スイカに限らず、

果物には山地や育ち方などにバラつきがあり、

外れがあって当然です…

 

せっかく買ってきても甘くなくてガッカリすることがあります。

ミカンやリンゴなんかはハズレを買ってしまっても、

スイカに比べたら小さいので諦めも付きますが、

スイカ1玉となるとサイズも大きいため、

ハズレだった時のショックは想像以上。

 

甘くないスイカを一玉食べることはかなり辛いですよね…。

ですが、夏本番まで若干の猶予があります!

今のうちにスイカの目利きができるようにすれば、

今年の夏は当たりだけを買うことができます。

 

目利きするときのコツはスイカの上下を見ること。

それだけで、そのスイカの甘さがを知ることができます。

 

まずスイカの上部にあるツル。

このツルの緑色が濃く盛り上がっているほど、

甘いスイカかどうか判断できる重要な場所です。

 

そして下部にある茶色いヘソも注目ポイント。

この部分が大きければ大きいほど、

そのスイカは完熟している証になります。

 

スイカを選ぶ時は縦縞模様と上下を確認すること。

これだけで、甘いスイカに当たる確率が格段に上がってきます!

 

いかがでしたでしょうか??

海水浴でスイカ割りをしたり、

川辺でバーベキューをする時には、

川でスイカをキンキンに冷やして食べてみたりするなど、

夏のあらゆるシーンでスイカは登場しますよね。

川遊びキャンプを楽しもう!便利グッズや注意点も紹介!  せっかくの休日... 有意義に使いたいですよね!!   お家でゆったりするのもいいですが、 せっかくですので外に出てみませんか?  ...

 

些細なことかもしれませんが、

そんな時に食べるスイカがちょっとでも甘かったら、

それだけでその夏の素敵な思い出として

残っていくのではないでしょうか。

 

今年の夏はたくさんスイカを食べて

健康的な夏を過ごしていきたいですね!

今回のまとめ

・スイカにはデトックス効果がある

・またスイカには美容効果もある!

・目利きのポイントは”スイカの黒い縦縞の色の濃さ”

・目利きをマスター出来れば常に美味しいスイカが食べられます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋愛経験ゼロのサラリーマンがコミュ症を克服して女の子からモテるように

実際にコミュ症を克服する為に行った方法を紹介しています↓

詳しくはこちら☝☝☝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー