健康・美容

熱中症の頭痛には要注意!頭痛がした時の治し方は?

Pocket

いよいよ本格的な夏到来まであと少し!

暑いですが、楽しい夏にしたいですよね!

 

ですが、暑くなるにつれ、

熱中症になるリスクも急激に高まるのが夏…

 

熱中症は、大丈夫だと思っていても、

急に症状が出て倒れてしまうことがあったり、

最悪の場合、

死に至ることもある非常に危険な症状です。

 

長時間の屋外作業では休憩を挟むことや、

こまめに水分補給をすることが大切。

 

今回は熱中症になった際に

起こる頭痛の危険性や、

頭痛がしたときの対処法を紹介していきます。

そもそも熱中症の原因って?

そもそも、なぜ人は

熱中症になってしまうのでしょうか?

その原因は大きく分けて2つあります。

 

1.暑い場所に長時間いること。

熱中症の原因で一番多いのが、

やはり長時間屋外にいることです。

 

夏は気温の高さもさることながら、

太陽の日差しや、アスファルトの照り返しなど、

熱中症の原因になる要因がたくさん。

 

真夏の屋外に長時間いることで、

体の体温調節が追いつかず、

体内に熱がこもってしまうことで熱中症になってしまいます。

 

特に、年配の方や子どもは

体温調節機能がうまく働かず、

熱中症を引き起こしてしまいがちですので、

注意が必要です。

 

また体力がない人も

熱中症にかかりやすいとされています。

 

適度な有酸素運動などをして、

夏の暑さに耐えられる体作りをすることが大切です。

 

2.水分不足

夏は、気温とともに対応も上がってしまいます。

そこで体は汗をかくことによって

体温を下げようとします。

 

汗は、舐めるとしょっぱいことから分かるように、

塩分が入っております。

 

水分と塩分、

この2つが失われることによって、

脱水症状を起こしてしまうのです。

 

脱水症になると血圧が下がり、

下痢や嘔吐の症状に苛まれます。

 

そうして、この脱水症が

熱中症を誘発する原因となるのです。

 

熱中症になる原因を簡単に説明すると

体温調節が上手くできないことや、

体内の水分がなくなることが大きな要因ですね。

 

大丈夫だと思っていても、

後から発症することも多いため、

自分では熱中症になっているか判断が

できないことケースも非常に多いのです。

 

熱中症と聞くと少し安静にすれば治る

イメージもあるかもしれませんが、

重症化すれば死に至ることもあるので、

あまり甘く見ずしっかり対策することが大事です。

 

また、その他の細かな要因として、

無理な節電でエアコンを使用せずに生活し、

室内にもかかわらず、

熱中症になってしまう人も一定数います。

 

これは特にエアコンをあまり好まない

年配の方などに多い傾向があります。

 

節約や環境のことを考えるとエアコンは

使用しない方がいいのかもしれませんが、

昨今の猛暑のことを考えるとやはりエアコンは必要。

 

体が一番大事ですので、無理をせず、

暑いと感じたらエアコンをつけましょう。

 

また、春から夏に変わる最初の頃は

暑さに体が順応できていないので、

意外と真夏よりも熱中症になる

リスクが高いこともあると言われています。

 

熱中症は知らず知らずのうちに、

また、誰もが発祥する危険性があります。

 

無理はせず、こまめに水分をとり、

屋外の作業では随時休憩を挟むようにして、

熱中症になるリスクを最大限減らしていきましょう。

熱中症の頭痛には要注意

熱中症の症状はめまい、

立ちくらみから吐き気まで様々ありますが、

重症度の高い症状の中に頭痛があります。

 

熱中症の影響で頭が痛くなって来たら

危険なレベルの可能性が高いのです。

 

まず、熱中症の重症度は

三段階にわけられています。

 

一番レベルが低いI度は

めまいや筋肉痛、手足の痺れなど。

 

Ⅱ度は、嘔吐や倦怠感、体に力が入らないなど。

 

一番危険度の高いⅢ度は意識障害やけいれん、

過呼吸などが位置づけられています。

 

Ⅰ度の場合は、現場での応急処置をし、

安静にすることで問題ありませんが、

Ⅱ度からは、状態によっては病院への搬送が必要となってきます。

 

Ⅲ度になってしまうと、

入院を余儀なくされる場合もあり、

症状によって緊急度を見極めてください。

 

頭痛はレベルⅡ度に分類されており、

危険度が高いので、おかしいなと感じたら

すぐに病院で診察してもらうことが必要です。

頭痛が起きた時の治し方は?

頭痛が起きた時、できれば速やかに

病院に行ってほしいところですが、

どうしてもその場を離れられない…、

という人もいるかと思います。

 

そんな時の応急処置として大切な事は、

体を冷やすことと正しい水分補給。

 

これが、熱中症による頭痛を緩和させ、

なるべく速やかに治す近道です。

 

まず、水分補給。熱中症由来の頭痛は、

実は水分不足からくる脱水症状からきています。

 

ですが、ただ闇雲に

水を飲めばいいというわけではありません。

 

上記で書いた通り、

熱中症による脱水症状は水分と合わせて、

体内の塩分も失っています。

 

ですので、水と合わせて塩分も摂取しないと

脱水症状は改善しないケースもあるのです。

 

おすすめは

「ポカリスエット」

のような経口補水液。

 

これさえ飲めば一気に塩分も水分も摂取できますので、

水より経口補水液が良いですね。

 

粉末状のものであれば、

自分で簡単に経口補水液を作ることもできるのでお手軽です。

 

また、塩分をお手軽にとる方法としては、

最近市販でよく売られている「塩飴」も非常に効果的。

長時間屋外にいる予定がある方は、

鞄の中などに忍ばせておくのもいいですね。

 

そして、基本的なことですが、

涼しい場所で横になって安静にしましょう。

 

涼しい場所で身体を冷やすことで体温を下げ、

血流を元に戻し、頭痛を和らげます。

 

そして、着ている衣服が、

ジーパンなどの締め付けがきついものであれば、

ボタンを外したり脱ぐなどして緩めてみてください。

 

そうして体をリラックスさせ、

体調の回復を待ちましょう。

また、首のリンパを冷やすことも頭痛の改善に有効な手段です。

 

また、これは対策になりますが、

1日中屋外に出る予定のある方は、

前日は極力お酒は控えましょう。

 

アルコールを摂取していると脱水症状陥りやすくなり、

熱中症になるリスクが高まります。

 

晩酌もいいですが、

前日ぐらいはほどほどにして、

体力を蓄えておきましょう!

 

なお、熱中症由来の頭痛が起きた時に、

もっともしてはいけない行為は、

頭痛薬を摂取すること。

 

頭が痛いと感じるとどうしても

薬に頼りたくなってしまいますが、

市販の頭痛薬、いわば解熱鎮痛剤は腎臓の血管を

収縮させ血流を減らす性質があります。

 

なので、熱中症由来の頭痛の際は、

急性の腎障害が出てしまう可能性があり、

腎臓に大きなダメージを与える危険性があるのです。

 

状態をよく見極めて、

薬は正しく服用することが大切です。

 

そして、しばらくして状況が

改善されないようでしたらすみやかに病院へ。

熱中症を甘く見ず、ちょっとでも異変を感じたら、

速やかに病院に行くことが、

重症化するかどうかの別れ目となるのです。

 

熱中症で頭痛が起きているのは

重症化しているという身体のサイン。

頭痛がしたら絶対に無理はせず、

早急に体を休めるという意識付けが大切です。

 

いかがでしたでしょうか??

 

夏は、野外フェスや海水浴など、

屋外で一日中遊ぶような機会もあり、

楽しくてついつい無理をしてしまいがちですよね。

 

ですが、気が付かないうちに

熱中症に侵されている可能性もあるのです。

熱中症由来の頭痛は、身体からの危険信号。

 

おかしいな、と感じたらすぐに

涼しい場所で休息をとったり、

こまめに水分補給をしたりして安静にしてみてくださいね。

 

せっかくの夏に、辛い思い出を作らないよう、

自分の体を大切にして、

素敵な夏を過ごしてくださいね!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋愛経験ゼロのサラリーマンがコミュ症を克服して女の子からモテるように

実際にコミュ症を克服する為に行った方法を紹介しています↓

詳しくはこちら☝☝☝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー