健康・美容

夏の日焼けが痛い…そんな時の対処法は??

Pocket

海水浴や夏フェス、マリンスポーツ…。

夏は屋外で遊ぶことが多くなり、

長時間太陽の下にいることが増えますよね!

 

しかし、きちんと対策していないと、

翌日、日焼けで体がヒリヒリと痛い…!

なんて事、経験あるのではないでしょうか?

 

そんな方たちの為に、

今回は、日焼けのメカニズムから対策についてご紹介いたします。

 

そもそもなぜ日焼けするの?

太陽の光の中には紫外線が含まれています。

皮膚は日光を浴びると、

体の中へ入ってきた紫外線に対して、

メラノサイトという細胞がメラニン色素を作り出し、

体内への侵入を阻止しようとします。

 

ですので、日光をたくさん浴びた皮膚の内部では

メラニン色素が大量に作り出されており、

それが沈着して肌の色が黒く、こんがりと焼けたような色になっていたのです。

 

「しみ」の原因として嫌われ者のメラニン色素は、

実は紫外線から体を守る大切な役割を担っていたのです。

 

インフルエンザで高熱が出るのと同じ原理ですね!

痛みを抑える為の対処法

日に焼けると、体がヒリヒリと痛くて辛いですよね。

それもそのはず、

日焼けは「日光皮膚炎」という、いわば皮膚炎の一種なのです。

 

そんな痛みを伴う日焼けをしたときの対処法をご紹介いたします。

 

ひとまず冷やす

日焼けした肌が熱っぽく、ヒリヒリと痛むときは、

氷の入ったビニール袋や濡れタオルを体に当てたり、

冷たいシャワーを浴びてしっかり冷やしましょう。

 

できれば患部のみを冷やすのが好ましいですが、

全身が日焼けして痛いようなら、

水風呂に入ってみてはいかがでしょうか。


また、日焼けした肌は水分不足になっている事も多いので、

お水をたくさん飲んで体内を潤してあげてください。

 

クリームで保湿

内部の水分不足は水を飲む事で補えますが、

外部の皮膚も水分不足でカラカラの状態になっています。

 

そんな肌には、クリーム等で保湿をしてあげましょう。

 

ですが、普段使用しているスキンケア用クリームだと、

日焼けでダメージを受けた肌には

刺激が強く発疹や水ぶくれになってしまう事も…。

 

できるだけ低刺激な保湿クリームを使ってしっかりとケアをしましょう。

 

食事

日焼け後の肌は、様々な栄養が破壊されているため、

日焼けに良い栄養素を摂取して、

内側からケアしてあげる事も大切です。

 

日焼けには何と言っても、

「ビタミンエース(ビタミンA・C・E)」が効果的!

 

これらのビタミンには共通して高い抗酸化作用があり、

紫外線を浴びた事で生じた活性酵素を抑制し、

肌の老化予防にもなります。

 

この栄養素を多く含む食材を取り入れ、

健康な肌づくりを目指しましょう。

どれか一つに偏るのではなく、一度に摂取するのがポイントです!

普段から日焼け対策するべし

これで日焼け後の対策はバッチリ!

 

とはいえ、紫外線をたくさん浴びると、

将来的に「しみ」や「皮膚がん」の原因にもなりますし、

できれば日焼けはしたくないものですよね…。

 

また、日焼け対策は日光の強い夏からすればいい

と思っている人が多いかと思いますが、

紫外線は365日毎日出ています。

 

今からでもきちんとケアをし、

いつまでも綺麗な肌を保てるように対策をしましょう。

 

日焼け止めを塗る

日焼け止めを塗ることは基本中の基本ですが、

お出かけ前に塗っただけでは1日中の効果は期待できません。

 

日焼け止めは汗や皮脂の影響でどんどん落ちていってしまうので、

2〜3時間ごとに細めに塗り直すことが大切です。

 

また、日焼け止めは隙間がなく均一に

肌に広がっている状態がベストです。

塗りムラがあると、その部分がムラ焼けしてしまうので、

日焼け止めはおしまずたっぷりと塗りましょう。

 

帽子やサングラス、アームカバーなどの小物を駆使

肌の日焼け対策は手厚くしている人も多いかと思いますが、

意外と見落としてしまうのが髪や目です!

 

実は髪や目も日焼けしてしまうので、

日光が厳しい日は、帽子をかぶり、

サングラスをかけて、髪と目を守りましょう。

 

また、車の運転中にうっかり腕を焼いてしまう人も多いため、

運転中はアームカバーをして日光を

徹底的にシャットアウトしましょうね!

 

たくさん睡眠をとる

睡眠不足だと、

日焼けによるダメージを修復する

成長ホルモンが影響を受けてしまい、

紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。

 

成長ホルモンの分泌が活発とされる

23時〜2時の間にきちんと就寝し、

できるだけ質の良い睡眠を取ることを心がけましょう!

 

徹底的に対策すれば日焼けで困ることもありません!

いかがでしたでしょうか??

日焼け対策を万全にして、

海やキャンプなどの屋外での遊びを思いっきり楽しんで

最高の夏を過ごしてくださいね!

今回のまとめ

・日焼けは紫外線が原因

・痛みを抑える為には、

 「冷やす」「クリーム」「ビタミン」が重要

・普段から日焼け対策をすることでダメージを減らせる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋愛経験ゼロのサラリーマンがコミュ症を克服して女の子からモテるように

実際にコミュ症を克服する為に行った方法を紹介しています↓

詳しくはこちら☝☝☝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー