生活

蚊に刺されて腫れが引かない…そんな時は??

Pocket

 暖かくなり、行楽シーズンが到来!

ピクニックやキャンプ、野外フェスなど、

屋外で遊ぶことが増えてくる季節ですね!

 

そんな楽しい時間に水を指すのが虫、

特に「蚊」の存在は大きいのではないのでしょうか??

蚊に刺されると、痒いし、腫れるし、

せっかくの行楽気分が台無しですよね。

 

今回は蚊に刺された時に腫れるメカニズムと、

その対処法についてまとめてみました。

蚊に刺されるとなんで腫れるの?

夏になると、どこからともなく現れる蚊。

一度刺されると赤く腫れるし、

痒くてうんざりしてしまいますよね。

 

ところで、

なぜ蚊に刺されると腫れてしまうのでしょうか??

 

その理由は、アレルギー反応にあります。

蚊は人を咬むのと同時に、

蚊の持っている唾液や毒素を人間に注入しています。

 

これは、咬まれていることを人間に気づかれないよう、

麻酔成分を体内に送り込んでいるのです。

それが体の中の抗体と反応し、

アレルギー反応を起こして、

腫れの原因となっていたのです。

 

知らない間に蚊に刺されていることが多々あったのですが、

かの毒が持っている麻酔成分が原因だったなんて、

蚊も意外と賢いのですね…。

アレルギー反応と麻酔成分、非常に面白い仕組みですね!

腫れが酷い時の対処法

たまに、上記で記載した

アレルギー反応が強く出てしまう人がいます。

 

そういう人たちは、

蚊に刺されたときの腫れがひどくなる場合があります。

ここでは、

腫れがひどい時の対処法

をご紹介いたします。

むやみに掻きむしらない

刺されて腫れてしまったところは、

痒くてたまらないですよね。

ですが、そこは掻きたい気持ちをぐっとこらえて我慢してください。

 

強く掻きむしってしまうと、

皮膚のバリア機能が破壊され、

そこからばい菌が入り、化膿してしまう可能性があります。

 

そうなると一気に重症化し、

さらに腫れることもあるので注意が必要です。

 

ちなみに、刺された箇所に

爪でバッテンを作ると良いという話をよく聞きますが、

これもあまり良くありません。

 

一時的に刺激を与えることで、

かゆみを和らげる作用はありますが、

掻くことと同じで、

症状がひどくなることもあるので、我慢しましょう。

 

患部を冷やしましょう

蚊に刺された直後は、

刺された部分が熱を持っています。

 

体が温まると痒みが強くなってしまうため、

患部を冷水や保冷剤などで冷やしてあげましょう。

 

市販の薬を使って、確実に治しましょう

蚊に刺された時、

その症状には2パターンあります。

1. 即時型反応

蚊に刺された直後(約10分〜15分)に起きる腫れや痒み

2. 遅延型反応

蚊に刺されて1日〜2日後に起きる腫れや痒み

1 の場合は、抗ヒスタミン薬入りの軟膏

2の場合はステロイドが配合された軟膏

を使用するのがオススメです。

 

症状に適したものを使用することで、

完治への道のりがぐっと縮まるでしょう。

適切な対処法を知ることで治りがぐんっと早くなります!

蚊に刺されやすい人の特徴

周りの人より、

なんだか蚊に刺されやすい…、

心辺りがある人も多いのではないでしょうか。

 

蚊に好かれてしまうのは厄介だしうっとうしいですよね。

ここでは、

蚊に刺されやすい人の特徴

をまとめました!

肥満気味の人

肥満気味の人は、シンプルに体表面積が広く、

蚊に刺される面積も広いため、

蚊に狙われる範囲が大きくなります。

 

また、蚊は汗に反応して寄ってきます。

肥満気味の人は汗をかきやすく、

それも蚊を誘引する一因となっております。

体温が高い人

蚊は人の熱を感知する機能を持っています。

よって体温が高い人は狙われやすい傾向にあります。

基礎体温が高めの人は蚊に気をつけてくださいね。

お酒を飲んでいる人

蚊は二酸化炭素を目印に人間を感知します。

ですので、人間が呼吸をするときに吐き出す

二酸化炭素によって人間を見つけるのです。

 

そして人間はお酒を飲むと、

アルコールを分解する段階で、

二酸化炭素を吐き出す量が増えます。

 

お酒を飲んでいる人も蚊に刺されやすいのです。

屋外でお酒を飲む際は気をつけないといけないですね…。

O型の人

蚊に好かれる血液型についての研究は古くから行われており、

断トツでO型の人が狙われやすいとの研究結果が出ています。

 

狙われる理由には様々な仮説がありますが、

実ははっきりとした理由は解明されておりません。

 

私もO型なので結構蚊に狙われやすく、

なるべく早く理由を解明してほしいところですね…。

蚊に刺されないための4箇条!

上記では、蚊に刺されたときの対処法を記載しましたが、

そもそも蚊に刺されたくないですよね。

ここでは蚊にさされないための対策を何点かご紹介いたします。

 

濃い色の服を着ないこと

「蚊は黒い色の服に寄ってくる」

という話を聞いたことはありますか?

 

確かに、蚊は黒い色を好み、

黒色の服を着ている人を狙ってくるため、

蚊の多そうな屋外で遊ぶ際は避けたほうが無難です。

 

ですが、

実は、蚊は色の識別ができません。

彩度の濃い色に寄って来ます。

 

ですので、濃い目のはっきりした色も実はNG。

刺されたくない人は、

白色やパステルカラーの服が無難です。

 

こまめに虫除けを塗る

日焼け止めを頻繁に塗る人は多いかと思いますが、

虫除けも同様に、塗り足す必要があります。

 

長時間屋外にいる際は、

満遍なく虫除けを塗り、

汗を書いた際はこまめに塗り直すことが大切です。

 

長袖や長ズボンを履いて、肌の露出を控える

当然のことながら、

肌を露出している人は蚊にとって素晴らしいターゲット。

 

暑いのはわかるのですが、

どうしても蚊に刺されたくない人は、

長袖長ズボンで、蚊の侵入をブロックしましょう。

 

蚊の嫌いな匂いを発生させる

蚊はレモングラスなどのシトラス系の匂いを嫌います。

屋内にいるときは柑橘系のディフューザーを使用したり、

お香を炊いてみましょう。

リラックス効果もありますし、

蚊もいなくなりますし、一石二鳥ですね!

蚊に刺されない努力をするだけでも断然変わります!

それ本当に蚊ですか?医師に相談を

軟膏を塗っても治らない、

またどんどん赤みを増していく一方…。

 

それ、本当に蚊が原因でしょうか?

 

蚊に刺されたと思っていたら違う虫だった、

または違う病気だという可能性もあります。

 

蚊に刺されに似ているようで原因は全く違う、

その他の要因についてチェックしておきましょう!

 

1. 蕁麻疹

蕁麻疹は、蚊に刺された時に起こる皮膚の様子

(赤く膨らむ、痒みがある)と非常によく似ています。

 

明確な違いは、蚊に刺されると何日かは跡が残ったり、

引っ掻いてしまうと表面がジクジクしてしまうのに対し、

蕁麻疹は跡形もなく消えてしまうのが特徴です。

 

蕁麻疹は食品や薬剤による物理的誘引から、

ストレスなどの心理的なものまで原因が様々ですので、

おかしいなと思った場合は病院に行って検査しましょう。

蕁麻疹の主な原因とは?大人で蕁麻疹ができるのは何故? 蕁麻疹と聞くと寝られないほど 体全体が痒くなることがありますが、 実際に蕁麻疹と気付かない方も意外と多いです。   蕁麻疹になる種類は...

 

2. 蚊以外の虫刺され

「虫に刺された」と言っても、

日本には様々な虫がおり、

蚊に刺されたと断定してしまうと後々大変なことになる可能性もあります。

 

刺された際は、お医者さんに見てもらうべき

危険な虫をご紹介いたします。

ハチに刺された時に取るべき行動は?知らないと危険! もうすぐ春から夏へ 季節も様変わりしていきますが、 夏と言えばアウトドア好きには最高の季節ですね。   山に行く機会も増えるにつれて ...

 

いかがでしたでしょうか?

蚊に刺されは地味に辛くて嫌な気分になるものですが、

適切な対策や対処法さえ知っておけば、

蚊に刺されにくくなりますし、

そこまで腫れも長引くこともなくなります。

 

また、蚊は辛い蚊に刺されなんて早急に治して、

楽しい毎日をお過ごしくださいね!

今回のまとめ

・腫れる原因はアレルギー反応麻酔成分

・適切な対処法を抑えるとぐんっと治りが早くなる

・蚊に刺されない努力も良き

治らない時は蚊以外の可能性を疑う

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋愛経験ゼロのサラリーマンがコミュ症を克服して女の子からモテるように

実際にコミュ症を克服する為に行った方法を紹介しています↓


詳しくはこちら☝☝☝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー