健康・美容

夏風邪の主な症状とは?大人の方ほど要注意!!

Pocket

 

夏風邪は何となく症状が

軽い印象もあるかと思いますが、

実は夏風邪の方が治りにくい事は

あまり知られていないかもしれません。

 

冬に爆発的に急増するインフルエンザは

薬で完治することも可能な反面、

夏風邪は薬を飲んでも症状が長引いてしまうこともあります。

 

そこで今回は、

夏風邪で注意したい主な症状や、

大人ほど夏風邪は注意が必要という

ウワサの真相について探っていきます。

夏風邪の主な原因って?

そもそも、なぜ夏に風邪を引いてしまうのでしょうか。

 

それは、200種類以上ある

風邪の原因となるウイルスの中に、

高温多湿の時期、夏に活性化するウイルスがあります。

 

そのウイルスが夏に大暴れして

夏風邪を引き起こすのです。

 

そのウイルスは冬の風邪ウイルスと比べて

感染力がとても強いことが特徴です。

このウイルスのせいで、夏風邪を引いてしまう人が多いんですね…。

 

夏風邪にかかってしまいやすい人は、

免疫力が低下している可能性が非常に高いです。

弱った体にウイルスが侵入してしまうことで、

体内でウイルスが繁殖し様々な症状を引き起こします。

 

ですので、

暑さで睡眠不足になり身体が弱ってしまうと、

免疫力が低下してしまうので、

夏風邪になるリスクは高まりますね。

 

また、夏は冷房を使ったり、

アイスなど冷たい物を食べたりする機会が多いですよね。

これもあまりよくありません。

体を冷やしてしまう事は、

夏風邪を誘発する原因となります。

 

また、夏はクーラーの効いた部屋と暑い外の行き来で、

その温度差が体に負担になってしまったり、

屋外での運動や作業で身体が疲れやすくなったりして

夏風邪にかかりやすくなってしまうこともあります。

 

免疫力の低下を防ぐためには、

規則正しい生活を意識することが大切です。

やはり規則正しい生活は重要ですね

大人が夏風邪にかかると重症化してしまう…

夏風邪の代表的な病名として

「手足口病」「ヘルパンギーナ」「プール熱」があります。

 

この中でも、

特に注意しなければいけないのが手足口病

 

この病気は特に、

大人がかかると重症化することがあります。

 

一般的に手足口病は患者のほとんどが子どもであり、

大人の私たちは無関係と思っている人も

多いのではないでしょうか。

 

実は手足口病は大人でもかかりうる病気であり、

子どもよりも症状が重くなってしまうこともあるのです…!

 

大人が手足口病にかかった場合、

子どもよりも発疹の痛みが強い傾向にあります。

特に足裏なんかに出てしまうと、

痛くて歩けないこともあるのです。

 

また、インフルエンザの症状と似た、

全身の倦怠感や関節の痛みなどが現れることもあります。

嘔吐や下痢、手足のしびれのような症状が起こることも。

 

手足口病は、実は特効薬がなく、

また特別な治療法もありません。

 

とにかく安静にし、たくさん栄養を取り、

よく眠って、ゆっくり療養することが大切です。

大体は1週間ほどで症状が快方に向かいますが、

かなりしんどいですので、

できる限り感染しないよう注意を払っていきたいですよね。

 

また、ヘルパンギーナも大人の方が

悪化してしまうケースがあります。

 

こちらも患者の90%が子どもであり、

大人はかからないと思っている人も多いのですが、

実は大人もかかる可能性がある病気ですので油断は禁物です。

 

突然の高熱と喉の痛みを特徴とし、

口蓋垂やその周辺に水膨れのような水疱ができて、

水分を取るだけでも痛みを伴ってしまう辛い病気です。

 

大人は39度以上の高熱が続いてしまうケースがあります。

 

重症化してしまう一番の原因としましては、

自己診断で大丈夫だと勝手に判断してしまうこと。

これで夏風邪がこじれてしまい

重症化するケースが多くありますので注意が必要です。

 

どの病気もそうですが、

早期発見は重症化を防ぐためのカギになります。

 

夏風邪かなと思った時は、すぐに病院に行き、

お医者さんに診察してもらうのが一番でしょう。

 

夏風邪を甘く見て、

市販の風邪薬だけで済ませてしまう事もありますが、

夏風邪はこじらせると危険だということを頭に入れ、

「おかしいな?」

と思ったらなるべく早く病院に行ってくださいね。

夏風邪は軽視しがちですが重症化すると大変な病気です

夏風邪の予防法

夏風邪という言葉だけだと

症状が軽そうに聞こえますが、

実は冬の風邪よりも治りにくく、

重症化しやすい危険な風邪です。

 

夏風邪に限らず、

風邪の予防法として代表的なのは

「うがい・手洗い・規則正しい生活」

 

ですが、他にも意外な予防法がありますので、

この機会にチェックしておきましょう!

 

日焼けに注意すること

長時間の日焼けは免疫力低下に繋がります。

夏場はできるだけ日焼けしないようにすることが大切です。

 

海水浴場などで身体を焼いている人も多く、

黄金色の肌はなんだか健康そうな印象があるのですが、

夏風邪の予防という観点から考えると、

免疫力を下げてしまうことになるので、

あまりオススメはしません。

夏の日焼けが痛い…そんな時の対処法は?? 海水浴や夏フェス、マリンスポーツ…。 夏は屋外で遊ぶことが多くなり、 長時間太陽の下にいることが増えますよね!   しかし、きちんと対...

 

暴飲暴食をしないこと

暴飲暴食は内蔵に負担がかかってしまい、

夏風邪を誘発してしまう要因となってしまいます。

適切な量の食事をこころがけましょう。

 

オススメなのは、

発汗を促し免疫力を高めてくれるショウガやニンニクを使用した料理。

 

うだるような暑い夏は、

これらを食べて汗を流し、

体力をつけていきましょう!

 

また、暑さであまり食事をしたくない、

という人も多いのではないでしょうか。

特に、肉類が受け付けないという人が増えてきますよね。

 

ですが、たんぱく質の不足は身体によくありません。

そんな時はヨーグルトやチーズなどの乳製品を摂取するようにしましょう。

 

動物性のたんぱく質は、

免疫を活性化する成分が含まれていますので、

おいしく食べて、

しっかりと夏風邪予防しましょう。

 

睡眠をしっかり取ること

睡眠不足は免疫力を低下させる大きな要因の一つ。

良質な睡眠をとり、

身体の中から元気にしていきましょう。

 

ですが、夏場だと暑くて寝付けない!

なんて事もよくありますよね?

そんな時は外に3分間ほど出て、

風に当たってみましょう!

 

そうすることによって適度に体温が下がって

寝付きやすくなりますので、ぜひ試してみてください。

 

また、夏場は冷房を効かせたまま寝てしまいがちですが、

できるだけ冷房の温度を下げすぎず、

身体を冷やし過ぎないようにしてくださいね。

夏に全然寝られない…そんな原因と対策を紹介! 夏は1年の中でも 体力が消耗しやすい季節で、 暑さで寝れず不眠で悩む人も多く社会問題化しつつあります。   最近は特に異常とも言える熱...

 

長時間エアコンを使用しないこと

暑い夏はついついエアコンの温度をさげて、

冷房をガンガンにかけたくなりますよね。

 

クーラーの効いた部屋は、

一度入るともう二度と外に出たくない気分になってしまいませんか?

 

気持ちはわかりますが、

エアコンの長時間使用は、身体を冷やし、

知らず知らずのうちに冷えによるストレスから免疫力が下がり、

夏風邪にかかりやすくなってしまいます。

 

自宅ではこまめに冷房を消すか、

時々屋外に出てください。

 

また会社や公共の施設にいる場合は、

長袖のカーディガン等を着用し、

身体を冷えから守ってあげてくださいね。

 

水回りのタオルはこまめに変えよう!

夏風邪のウイルスは、

湿って汚れたタオルで繁殖してしまう可能性があります。

 

家庭内にある湿ったタオルといえば、

トイレの手拭タオルや、バスタオル、キッチンタオルなど、

ぱっと考えただけでもけっこうありますよね。

 

雑菌の繁殖してしまったタオルを使用することにより

夏風邪にかかるリスクが高まります。

 

家族全員が、雑菌が繁殖したタオルを使用し、

一家全員が夏風邪にかかってしまうという悲劇も。

 

水回りのタオルはこまめに変えて、

常に清潔な状態を保ちましょう。

 

暑さで体力が落ちやすい夏場だからこそ、

体をしっかりケアする意識をもちましょう。

 

せっかくの夏に、夏風邪でダウンするなんて、

非常にもったいないと思いませんか?

夏風邪から身を守ることを意識してみるだけでも

大きな予防になるはずです。

 

楽しい夏を過ごすためにも、

日頃からのケアや予防をしっかりして、

素敵な夏を過ごしてくださいね!

今回のまとめ

・夏風邪には規則正しい生活が重要

・夏風邪を甘く見ないこと

大人の方が夏風邪は重症化する

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋愛経験ゼロのサラリーマンがコミュ症を克服して女の子からモテるように

実際にコミュ症を克服する為に行った方法を紹介しています↓

詳しくはこちら☝☝☝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー